日帰りスキーバス利用時の注意点

日帰りスキーバスは非常に利便性が高く、日帰りスキーをするときには常に利用するというスキーヤーも少なくありません。日帰りスキーバスに乗ったら、あとはドアツードアでゲレンデまで運んでくれます。これ以外の交通手段は考えられない、という愛好者は多いです。


ただ、注意点もあります。

それは、バスの位置がつかみづらいということです。


電車や飛行機と違い、位置を知っている人は周囲にはいません。


そのため、常にバスに戻れるよう、自分で十分な対策をとっておく必要があります。スキー場への行きでも帰りでも、途中、パーキングエリアに立ち寄った際、下車するときには、必ず携帯電話を持って行きましょう。
パーキングエリアには、似たような外観のバスが数十台停まっているのが普通です。

右も左もわからない、初めて訪れたパーキングエリアで、しかもそれが夜間だった場合、下車して用を済ませて自分のバスに戻るというのは、意外に難しいことです。
バスが数台というなら別ですが、そうした状況ではありません。

広大な駐車場に数十台です。夜間だと周囲の風景も見えないため、目印になるようなものはないと覚悟しておきましょう。

自分の乗ったバスの外観を覚えている人というのは、そう多くはありません。
乗用車が多くて大型バスがわずか、という状況とは違います。

あなたにぴったりの日帰りスノボ 情報について詳しく解説しております。

時期的時間的に、ほぼすべてが大型観光バスの可能性もあります。

からきゅれの基本知識を紹介しています。

迷子にならないためには、携帯電話で周囲を撮影しながら進むことです。